湖西連峰トレイルラン2014

2014年いっぱつ目のトレイルラン大会、「湖西連峰トレイルラン」に参加してきた。

この大会は個人が発起人として地元ランニングクラブとともに開催しているいわゆる草レースなのだが、今年ですでに6回目を数えており、最近のトレランブームも相まって年々参加者が増加しているとの事で、今年は213人もの参加者を迎えて開催された。トレイルレースでは大きな大会で数百人程度でも珍しくないので、草レースといえどかなりの規模で開催されたと言える。運営側の方々におかれては、今回の開催/運営は本当に大変だったのではないかとお察しする。

湖西連峰は自宅から15分程度の二川から登山道が綺麗に整備されており、このレースも二川駅にほど近い岩屋緑地公園の駐車場からスタート。集合時間に行くと(自分も含め)物好きが居るわいるわw
e0021353_20435755.jpg


人数が多い事もあり、1分ごとに50人ずつのウェーブスタート。自分と、一緒に参加したIさんは、お互いゼッケン番号が最後に近かったため、最後尾の第4ウェーブからスタート。
しばらく二川バイパス沿いの歩道を走り、道路脇の神社からトレイルへ入る。いきなりのシングルトラックだ。

前夜Iさんとは、「距離も短いし、景色楽しんで写真撮りながらゆっくりいこう」と話してたんで、正直かなーりお気楽参戦を決め込んでいた。(新たに購入したOMMのシェルをまとってご機嫌のI氏)
e0021353_20474899.jpg

しかしトレイルに入るや否や、Iさんがガシガシ追い抜き始めた。ぜんぜん話とちゃうやん。しかし置いて行かれまいと一緒になって登って行く。正直、コースを熟知している身としては、後半のアップダウンに足を残しておきたい気持ちもあったが、いつも大会では大差を付けられるIさんの走りにどこまで付いて行けるのか試す絶好の機会でもある。とにかく間を空けられない様に必至で食らいつく。
(そのため、今回はラン中には殆ど写真は撮れませんでした。)

松明峠へは殆ど歩く事なく到着。その後は稜線がつづく。そこは気持ちよく走りまくる。
神石山では休憩して、Iさん所有のカメラで写真を撮る。快晴だったが残念ながらもやがかかっており、あまり遠くまで展望がきかなかった。それでも浜名湖の美しい景色を満喫し、先へ進む。

多米峠で一旦稜線から下り、舗装路沿いの駐車場に設営された第一エイドへ。カレー&ビールエイドと記載されている。当然がっつり頂きました。(ビールを片手に満足げなI氏)
e0021353_2104998.jpg


その後再スタート。しかしビール飲んだ直後は美味しかったけど、5分後に激しく後悔。。。ふらっふらですわ。。それでもガシガシ進む。
しばらく林道を走った後、また登り返す。そこでついにIさんの走りについて行く事を断念。「先行ってください。」と別れ、登りは自分のペースで登り続ける。正直キツい登りだったが、自分のペースで登れた事で少し回復。登り返した後はまたひたすら稜線を走り続ける。

湖西連峰は町中からほど近くてエスケープルートもたくさんあるが、周囲を三河湾や浜名湖で囲まれており、本当に素晴らしいトレイルが広がっている。レース中も周囲の景色を見渡せば、青空の下、右を見れば浜名湖から遠州灘まで見渡せ、湖の先には浜松市の高層ビルも見えている。左を見れば、すぐ近くに豊橋市の街が見下ろせ、その先には三河湾が広がっている。本当に綺麗なトレイル。このレースを開催してくれている人たちへの感謝の気持ちが湧いて来る。
そうこうしているうちに、湖西連峰の最高点の富士見岩へ到着。
e0021353_2183973.jpg

この写真は昨年撮影したものだが、最高に天気がいい日は富士山や南アルプスまで綺麗に見えるんだよね。

ここが最高点なんで、ここからは下りまくり。しかし、一旦下った後また登り返す事を考えると嫌な下り。近くを走ってる人と、「これ登り返すのキツいっすね〜」なんて話しながら下って行くと、本坂峠の第二エイドへ到着。
ここでもビールは置いてくれていたが、さっきので学習したんでパス。おいしいお汁粉とコーラ/アクエリアスをたっぷり頂いて、先を急ぐ。
実はエイドのすぐ手前で、エイドから出て来たIさんとすれ違っており、思ったより差が開いてなかった事で少しでも付いて行きたいという想いが再燃。さっき気持ち良く下って来た坂をゼエゼエ言いながら登り返す。
この頃から、両足の太ももが軽く攣り始め、登りで歩くと辛い状態に。超ゆっくりだけど、小刻みでも走った方が楽な事に気付き、いろんな走り方を試しつつ先へと進む。追い込まれると、色々体の使い方を試すんが楽しかったりするんすよね。

ヒイヒイ言いながら富士見岩まで登り返し、後はほぼ下るだけ。
大知波廃寺跡でシングルトラックのトレイルとはお分かれし、ひたすら林道を下る。絶妙にセメントで固められたマジで激下りの坂道に太ももが悲鳴上げるくらいだったんだけど、黙々と下る。と思ったら、地味に登りもあったりし、そこで完全に足が攣ってしまった。しかしザックから電解質を取り出しガツガツ噛みながら何とか登りきり、最後の舗装路区間に入ったらすぐにゴール!23kmのトレイルで3時間43分。45位くらいの悪くない順位!Iさんとも5分程度しか離されておらず、結果としては非常に良い走りが出来たと思う。

湖西連峰トレイルは、小さい草大会だけど、随所に草大会らしい暖かみを感じる素晴らしいレースだった。草大会にも関わらず、エイドは本当に充実しているし、コース案内も想像以上にたくさん付けられていて、安心しては知る事が出来た。大会を開催してくださった方々に、本当に感謝します。ありがとうございした!
[PR]
by kameworock | 2014-01-12 21:37 | RUNNING

Daily life in Toyohashi


by kameworock

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31